SEO会社に依頼して本当に大丈夫か?

Googleの検索アルゴリズムが多く変わっていく中本当にSEO会社に依頼していいのか?ということが気になります。そんな時にはSEO会社のノウハウ、技術はどうしているのか?を確認してみましょう。

ネットで調査して・・・というような会社ならやめましょう。実際に実験、検証をして初めて傾向がわかるのです。他社がどうのこうの、Googleのだれだれがあーいっていた。というのはそれほど意味がありません。

なぜならGoogleの検索アルゴリズムの多くはAIがコントロールしているからです。そのAIがこうだというのなら参考にする価値はあるのですが、それ以外は本当にそうである可能性は低いと思います。

また、Googleの検索アルゴリズムの本質を指示しているとは言い難いでしょう。実際にいろいろな実験をしているSEO会社に依頼するのがいいでしょう。

大阪、東京でSEO会社といえば有限会社ティーケイティー(https://www.tkt-group.co.jp/)です。実績が違います。

google seoをするなら「google seo」でseo会社を探せ。

SEOの集客は完ぺきか?

集客といえばSEO、リスティング広告であるが、本当にそれほどいいのか?単純に集客ならSNSでもいいはずである。ただ、SNSでの集客の場合、コンバージョン獲得を獲得しにくいということが言われています。

しかし、最近では動画やInstagramでは物販はそれなりにうまくいっているという話を聞く。きっとseo、リスティング広告の場合は大手以外はなかなか順位が上がらずに費用がかさみすぎるのかもしれません。

それに比べるとSNSはまだ費用対効果がいいのかもしれません。商品、サービスによってはSNSを積極的に導入することでうまく商品を紹介し、コンバージョン獲得につなげていくのがいいかもしれません。

今のインターネット広告はあるものにこだわりすぎるとうまくいかないかもしれません。トータルでみるとバランスが大切なのかもしれません。

大阪でseoをするなら「seo 大阪」でseo会社を探せ。

大阪にあるSEO会社はどうよ?

SEO会社はかなり少なくなってきましたがまだ大阪にはSEO会社があります。で、その大阪のSEO会社に依頼するのはどうなんでしょうか?大阪関連のキーワードなどの複合キーワードに絞るならそれなりの実績のあるSEO会社があり、そのようなところに依頼するというのはありでしょう。

では、それ以外の場合はどうか?というとそれぞれのSEO会社の手法や実績、そしてどのようにGoogleの検索アルゴリズムに対応しているのか?をきいてからということになります。

昔ながらのSEOをしていてもたまたま順位が上がっている場合というのもあるからです。seo対策はいろいろな要素から成り立っているのでたまたまというのがあるのです。

大手企業と提携しているから順位が上がっている場合などもあるのです。そのあたりを理解した上でSEO会社を選びましょう。

大阪でseo会社を探すなら「seo会社 大阪」でseo会社を探せ。

SEOの目的

SEOの目的はブランディングとお客様を増やすことです。その手段として検索結果で順位を上げることとなるのです。順位を上げるのが目的ではないのです。

順位を上げてもブランディングができない、お客様を増やすことができないのであれば、それはSEOとして間違っているのです。

お客様を増やすことはコンバージョン獲得を増やすことに置き換えることができますが、いったい何を目的として何をすべきなのか?をSEOをする場合は考える必要があります。

キーワード選定もコンバージョン獲得が可能なものを選ぶことが必須となるのですが、本当にそうなのでしょうか?もう一度見直してみてください。また、お客様を増やすことは集客とは少し違います。

集客はできていても本当に売り上げアップにつながらないような集客なら意味がありません。集客、アクセスアップなら他の方法もあります。アクセスアップが目的ならSNSを使った方法もいいとは思います。

seoとECサイト構築について。

SEOで何を重視する?

SEOで何を重視するのか?ということを考えたことはありますか?SEO対策といっても何を重視して最適化するのか?ということになります。それがリスクを最小限にすることかもしれませんし、結果、コンバージョン獲得を最大化することを重視するのか?ということになります。

多くの場合はリスクを最小限にしながらコンバージョン獲得を最大にするということになるのです。コンバージョン獲得より増やすようなキーワード選定をし、リスクを減らすような手法で順位を上げるということなのです。

そんな都合のいい方法はあるのか?ということですが、それは非常に難しく、リスクを減らすと一方でコストが大幅に増幅する傾向にあり、コスト倒れを心配しながらコンバージョン獲得を増やすということになります。コストを完全に無視というのは実際にはSEO対策では非常に難しいのでそのバランスを考えながらの施策になります。

seo対策について

メニュー

TOP seo対策 seo seoとは ECサイト構築