会社設立

会社設立の際には、資本金が必要となります。
さて一体、いくら位の資本金を準備してから会社設立をおこなうべきなのでしょうか。

もっとも一般的な株式会社の場合、最近法律が変わり、新会社法という法律が適応されるようになりました。

そのため、新会社法が適応される前はなんと1000万円以上の資本金を用意しなくてはなりませんでした。

しかし、新会社法の適応後は、資本金を1円以上で設立できるようになりました。
1円以上といっても、会社設立の際にはあらゆる場面で出費しないといけないということに遭遇するでしょう。

業種によっても差がありますが、ある程度の資本金は用意しておいた方が良さそうです。

メニュー

TOP seo対策 seo seoとは ECサイト構築